亥太郎建設

亥太郎
家づくり
地震に強い住宅は中身が違う。
「耐震」+「制振」で無損傷を目指します。
耐震・制振
いくらデザインが良くても、地震に弱い家や長持ちしない家ではいい家とはいえません。
壁面全体で外力を受け止める構造用ハイベストウッドで耐震性能を強化し、
制振テープ工法を用いて建物そのものを制振装置とし、住宅を丸ごとダンパーにして地震から家を守ります。
亥太郎建設では構造や工法の性能基準を高く設定し、安心して暮らせる住まいを実現いたします。
地震に強い住宅は中身が違う!
  • 耐震地震の揺れに耐える「ハイベストウッド」
    地震の揺れに耐える「ハイベストウッド」
    土台、柱、横架材を、構造用ハイベストウッドで一体化し、構造用合板などを利用し剛床とすることで、全体を一つの箱にし、壁面全体で外力を受け止め、すぐれた耐震・耐風性能が得られます。
  • 制振地震の揺れを制御する「制振テープ」
    地震の揺れを制御する「制振テープ」
    制振テープは高層ビルの制振装置に用いられる粘弾性体を木造住宅ようとして両面テープ状に加工したもので高い耐久性を有しています。
    大地震時、最大80%の揺れを低減し、建物そのものを制振装置として機能させ、住宅をまるごとダンパーにする工法です。
まるごと制振装置「制振テープ」
亥太郎建設が考える地震への対策は
「耐震」+「制振」で無損傷を目指します。
「耐震」+「制振」で無損傷を目指します

建築基準法で規定された耐震構造は「人命の安全」を守るのが精いっぱいの最低限の地震対策です。
繰り返される地震に対してドンドン住宅が損傷してゆきます。
新築直後に大地震が来たらどうなるでしょうか?
家が傾き、サッシが破損し、壁紙が破れ...それらの補修費用で二重ローンになるかもしれません。新築時に追加費用を出してでも最高の地震対策を講じておくべきです。

亥太郎建設は、度重なる大地震後でも無損傷を目指します。約1,000mの長さの制震テープ®を家全体にバランス良く配置し、住宅まるごとダンパーにします。これは一般的な制震住宅の10~100倍のエネルギー吸収材の量に相当します。

亥太郎建設株式会社 本社モデルハウス
シンプルかつ気品あるモダンデザインにこだわり、自然素材であふれた健康的な住まいや家族と触れ合う空間の配置を考えたオリジナルハウス
亥太郎建設モデルハウス

PAGE TOP