亥太郎建設 亥太郎建設

アイコン
ブログ
blog

カテゴリなし 2016.09.28

『憧れのライフスタイル!趣味も仕事も楽しめるお家』完成です☆

いやぁ・・・・9月もとうとう最終週に入りましたねぇcoldsweats01 本当に長雨rainの1ケ月でした。

季節の変わり目という事もあって、体調を崩す者も多く実は私もその中の一人でありましたweep

お盆休み明け以来、更新できていなかった『完成レポート』、やっとの思いでsweat01ついに、

完成でーーーすsign03 なんか、宿題に追われていたような感じでやっと提出sign03みたいな(笑)

このお家を私が内覧でご案内させていただいたのは、7月の非常ーーに暑い日coldsweats02

窓を全開にすると気持ちのいい風がすーっと抜けて、とても快適だった事を思い出します。

光や風、そしてまわりの自然との一体感、まるで避暑地のコテージに訪れた様な気分でしたhappy01

とってもいい気分にさせてくれた素敵なお家houseshine

完成レポートの更新を待っていて下さったユーザーの皆さま・・お待たせしました。

早速、ご紹介させていただきまーーすhappy01


小山町藤曲S様邸


_1DL2430.jpg

広ーーいお土地に、『シンプルで趣きのある外観』 誰もが憧れる、緑とお庭のある住まいhappy01

玄関.jpg左官塗1.jpg

中央にアイアンをあしらった木製の玄関ドアはジエスタ、ポーチ天井は杉板貼りでトータルコーデshine
存在感のあるレンガ調の左官塗りは、北側の外観をオシャレに印象的にしたアクセントshine 

_1DL1520.jpg_1DL1535.jpg

中に入ってまずびっくりeyeするのは、レッドパインの羽目板を横張りにした吹抜けshine
開放感を重視した、光を導くとっておきの空間、珍しいホワイトのコの字型収納がお似合いです

_1DL1570.jpg_1DL1571.jpg

あらゆる戸は引戸で統一、スペースを有効に使えてさらにお家を広く感じさせます。
小さなお子さんにとっては開けづらい引戸の方が勝手に外に出れないからママは安心ですwink

_1DL1597.jpg

引戸を開けるとリビング階段を中心に、左側がLDK、右側にはご主人の趣味部屋を設けましたsign03

_1DL1733.jpg

ずっしり重量感のある分厚いドアのこのお部屋は、『防音室』になっているんですよsign03
ご主人が趣味の楽器を演奏する為のお部屋です。ご主人、たってのご要望で実現happy01

_1DL1737.jpg

壁は3重ガラスも3重のプレミアム防音sign03
(防音室に関するetc・・は、またの機会にゆっくりと解説させていただくことにしますねconfident

_1DL1606.jpg

仕切り壁のない一体感のある広ーーーいリビングshine 床は無垢仕様、床暖房も完備です。
TVボードの背面は、吹抜け同様松板張りに・・天井を掘り込んで間接照明と組み合わせ、
空間にアクセントをもたらしますshine

_1DL1622.jpg

リビングは、思い思いのことをしながら時間と空間を共有する家族の団らんの場所happy01
ほど良い距離感を保ちながら、各室とのつながりを持たせコミュニケーションをスムーズにsign03

_1DL1649.jpg

ダウンライトを天井に散りばめたモダンな佇まいの和室、この天井は『網代天井』と言って、クロス
ではないんです・・竹、杉、檜などのうす板を組んで手織り風に編んだ手の込んだものなのですshine
白壁に合わせた配色が素敵な空間に仕上がりました。

_1DL1611.jpg

リビングと続くサンルーム内に、小さな土間スペースを発見sign03 ロールカーテンを上げておけば、
こちらからもたっぷりの陽が注ぎ込みます。それにしても・・・明るいですhappy02
家族が集まるリビングには日当たりと通風が必須sign01十分に、考え抜かれた採光・通風プランhappy01

_1DL1675.jpg

キッチンからお庭へ出入りが出来るように、勝手口とは別に土間のあるサンルームを配置。
こちらはご夫婦のいちばんのお気に入りhappy01 洗濯物の室内干しや野菜の保管置き場などに活用。
天井にはトップライトflair いつもそばに光や風、緑を感じられるんですね。

_1DL1688.jpg

入り口のそばには絶対水場を・・畑仕事が趣味のご夫婦happy01 汚れた作業道具を洗ったり、収穫した
野菜を洗ったりと多様に活用wink 『ここの土地は土が固いから、だいぶ苦戦してるんですcoldsweats02
とお聞きしましたが、現在ご主人の週末の時間は、もっぱら開耕作業に使われているみたいですhappy02

棚.jpg_1DL1682.jpg

サンルームからはパントリー・キッチンにつながります。その動線はとても理想的sign03
収穫した野菜類をきれいに洗って、今晩のおかずとして調理できますねhappy01 お部屋の角を
有効利用したパントリーは普段はロールカーテンで目隠しして生活感を出さないように工夫。

_1DL1667.jpg

ひときわ際立つシステムキッチンはTOTOのCJオーブン付きhappy02 
家族とのコミュニケーションを重視するペニンシュラ型のオープンキッチンは、ゆとりある
スペースに楽しいひとときが生まれる場所shineキッチン・LDK・和室・趣味室にサンルームhappy01

全てがひと続きの1階は、移動がらくちんのオープンスペースsign03
家事動線の短縮や、回遊動線で女性にはとっても嬉しい間取りなんですhappy02

_1DL1587.jpg_1DL1592.jpg

トイレと洗面化粧台もTOTO仕様、隣り合わせに設置しました。

_1DL1585.jpg

引戸を開けると脱衣所とその奥にバスルーム、
浴槽が大きめのサザナでゆったりの入浴が楽しめます。パネルのカラー・・高級感がありますshine

_1DL1579.jpg

脱衣場の収納棚・・ちょっと変わってますよねwobbly お施主様に聞いたところ、『銭湯のロッカー
をイメージしたものらしいです・・洗濯場が離れているので、個々の着替えや、タオル類や雑貨の
ストック品などを入れられるようにと設計sign03 なるほどflair・・)と、同感いたしました。
こだわりのとっても素敵なアイデア棚ですね。

_1DL1766.jpg

そして、2階にあがると・・・
こちらも、仕切りのないオープンなフリースペースsign03 窓を通して風が流れ・・光が満ち溢れる
大空間』、掃き出し窓からバルコニーに出れば潤いのある緑の景色が得られ、なおGoodsign01

_1DL1770.jpg

このフリースペースを中心に、ぐるっと回遊ができる2階の間取りは、自分達らしい時間を
過ごしながら、ちょっぴり贅沢なアイデアも盛り込み、心地よさがプラスされましたhappy01

_1DL1797.jpg

ご夫婦の主寝室、 パッと目に留まるような壁面を1面つくる事でお部屋にメリハリが出来ました。
オレンジの灯りflairは、心を癒すやわらかい光を放ち安らかな眠りsleepyを導きます。
重厚感のあるカーテンでゴージャスな空間をトータルでコーディネートsign03

_1DL1804.jpg

アーチ型の開口部の奥は大容量のウォークイン、 中棚に枕棚、パイプハンガーを上手く
組み合わせて、色々な用途に活用する事ができます。

_1DL1812.jpg

この出口からは、2階のすべてのお部屋に移動が可能ですhappy01

_1DL1853.jpg

北側には作業室、
ご主人が自宅で快適にお仕事が出来るようにと、ワークスペースがあるんですよhappy01sign03
L型のカウンター、壁にはピクチャーレールもついています。

_1DL1858.jpg

窓に映る景色・・いいですねsign01たまには家族と離れてひとりの時間を持つ事も、大切な事だって
思うんですwink 個々のライフスタイルも確立できて、本当に住み心地のよいお家ですね。

_1DL1841.jpg張りタイル.jpg

北側の外観の、左官塗りがトイレだったとは驚きwobbly
小窓の下にあしらったモザイクタイルが空間のアクセントにshine こんな使い方もあるんですね。

_1DL1828.jpg_1DL1836.jpg

室内にあるこの窓を開けると、吹抜けを覗く事ができます。
この吹抜けをつくるにあたって、お家の中に足場をかけました。それを見てお施主さんも、
とっても不思議な気分になったそうですcoldsweats02 室内の足場、なかなか見る事ないですものね・・

_1DL1560.jpg_1DL1879.jpg

吹抜けのはるか上の天井にはトップライトflair たっぷりの光をふんだんに取り込めます。
バルコニーからは、庭で畑仕事をするご主人の姿を眺めながら、
きっと幸せなheart01気持ちになる事でしょう・・wink

_1DL1615.jpg

ブログをご覧のみなさまも、

毎日の暮らしの中で、「こんな空間、あったらいいな・・」 「こんな工夫があったらいいな・・

と思う事がたくさんあるのではないでしょうか? 私は今回このお家をご案内するにあたって、

本当に住み心地のよい家とは、実生活で感じる様々な思いをつくる側に上手に伝えて、

形にしていく事で生まれるのだという事を、改めて知ったような気がしました。

自分たちらしく生き生きとした時間を愉しむちょっぴり贅沢なアイデアもプラスされ、毎日を

嬉しく、わくわくさせる気持ちを大切に考えた家、暮らす程安らぎと楽しさが満ちていく家、

まさにご夫婦の趣味もお仕事も両立できるまとまりのある家、それがここに実現しましたsign03 

 S様との出会いは、昨年6月の弥生会happy01・・ご夫婦でご来場いただきそれから立て続けに、

見学会やイベントに遊びに来ていただきました。 家づくりに関しては、ご夫婦ともに独自の

お考えがきちんと確立されており非常に熱心で知識も豊富でしたwink

先日、そんなお施主様からこれからマイホームを建てる方へのひと言を頂戴しましたsign03

好きな所にこだわるだけでなく、嫌いな所がないよう考えて見て下さいsign01』 

実際に暮らしてみての住み心地は『完璧』だそうです。希望が形になり満足していただける、

そんなお家を建てる事が出来た事、私達も、感謝しておりますm(__)m

S様、無事の完成おめでとうございますshine 育ちざかりのお子さんとご夫婦の趣味を
楽しみながら、幸せな時間を末永くお過ごしくださいhouseshine



カテゴリ

CATEGORY

アーカイブ

ARCHIVE

page top