亥太郎建設 亥太郎建設

アイコン
ブログ
blog

スタッフブログ 2018.06.20

裾野市御宿、上棟しました。~解体から土台伏せまで~

ついこの間、6月に突入‼なんて思っていたのに・・今日はもう20日ですよ‼

大阪で大きな地震があったり、昨夜はサッカーのワールドカップで、

日本が歴史的な1勝を果たしたり、最近は何かとざわつく事が多いですね・・

そして今日は朝から大雨☔梅雨時期だから仕方ないですが、降りの激しさに少々ビックリです。

ここのところ何だか忙しくて、ブログが書けていないのが実情・・

(これやらなきゃ、あれもやらなきゃ、どこからやろうか・・)溜まる現実に、少々困惑

ブログを楽しみにしているユーザー様には、本当に申し訳ないと思っています。

さて本日は、現在裾野で新築工事中のお宅の、

普段では触れない上棟前の現場の様子を、ご紹介してみたいと思います。

 

【裾野市御宿S様邸】

 

S様の最初のご依頼は、リフォームでのご相談でした。

お話を進めて行く中で、ご要望通りのカタチにする事がなかなか難しく、

2世帯でのお住まいという事もあって、

急遽、建替えでの新築に変更され着工いたしました‼

 

4月18日 (2)

 

まずは既存宅の解体工事からスタートです‼

住宅地という事もあり、ご近所の皆様にご迷惑がかからないよう

細心の注意をはかりながらの作業です。

 

4月30日 (2)

 

解体が完了し、更地になりました。

ここへ新しいマイホームが建築されます  

何だかわくわくしますね‼

 

5月2日 (1)

 

基礎工事が始まる前に、地盤補強の為の杭を打つ作業です。

 

5月9日 (1)

 

家を建てる部分に囲いができ、重機で地面を掘り起こします。

いよいよ本格的な工事が始まります

 

5月18日 (2)

 

基礎は、強度に優れた鉄筋とコンクリートで造られます。

どこから見ても鉄筋が余すところなくはりめぐらされていますね。

その後、JIOによる配筋検査を受けます。

 

5月19日 (3)

 

検査完了後に、コンクリートを流し込みます。床のベース工事です‼

施工後は、天候を気にしながら十分な養生期間をとります。

 

5月21日 (4)

 

基礎の形に合わせて型枠を造り、

型枠にコンクリートを流し込み成形します。

 

5月30日 (2)

 

脱枠が完了し、美しいベタ基礎が完成しました✨✨

これで部屋の間仕切り部分もわかりますね。

 

6月1日 (7)

 

亥太郎水道部による埋設配管を、先行して行います。

 

6月4日 (5)

 

基礎工事も完了し、いよいよ木工事「土台伏せ」へ・・

ここからは大工さんの出番です

 

6月4日 (6)

 

基礎からアンカーボルトや金物が出ているので、土台に穴をあけます。

基礎の上に、ロングパッキンを敷き、檜の土台を基礎に固定していきます。

 

6月4日 peinnto

 

工場にてカットされた断熱材を隙間なく敷き詰めます。

その後、厚床合板を釘でしっかりと固定します。建て方時には作業をする床になり

1階の柱材や2階の床組まどの木材をこの上に搬入します。

 

6月4日 (3)

 

基礎と床を濡らさないように、ブルーシートにてしっかりと養生して建て方に備えます。

この作業が終わってから、外回りに先行足場を架けて行きます。

着工開始から上棟までの、ブログではあまり紹介しない工程を記載してみました。

現在も着々と工事は進行中ですが、今週末に上棟式をひかえておられるので、

建て方以降の様子は、次回のブログでドーーンと紹介させていただきます

 

 

カテゴリ

CATEGORY

アーカイブ

ARCHIVE

page top